【2022年版】アダルトサイトでCloudflareはなぜ人気?絶対使うべき4つの理由

  • URLをコピーしました!

この記事は約5分で読めます。
本文は約2939文字です

最近だと、アダルトサイトのサーバーを調べるとCloudflare CDN経由のことが殆どです。

この記事では、アダルトサイトでCloudflareを導入するメリットはどのようなものがあるのかまとめてみたいと思います。

  • Cloudflare CDNとは?
  • アダルトサイトでCloudflareを導入するメリット
  • Cloudflareは無料で使える?
この記事で分かること

Cloudflare CDNとは?

CoudflareはCDNで一躍有名になった米国の企業です。

コンテンツデリバリーネットワーク

CDNとは、Contents Delivery Networkの略で、世界中のキャッシュサーバーにサイトのデータを保存し、サイトにアクセスされたときにアクセス元の近くにあるキャッシュサーバーからデータを配信する仕組みです。

世界中の有名サイトはCDNを使うことで高速なサイト表示を実現しています。

もちろんGoogleもCDNを使っています。

Cloudflare CDNはCloudflareが提供するCDNのことです。

Cloudflare CDNを使う4つのメリット

Cloudflareを使うメリットは、4つあります。

  1. 無料のCDNである
  2. 設定が簡単である
  3. サイト表示が高速になる
  4. サーバーの帯域を消費しない(抑えられる)
  5. サーバーのIPアドレスを秘匿できる

Cloudflare CDNは無料で使えます

CDNは転送量に応じて課金されるサービスですが、Cloudflare CDNはなんと無料プランで使えます。

もちろん有料プランと無料プランはサービス内容が違いますが、無料プランでも十分使えるレベルなのが嬉しいです。

レンタルサーバー負荷・転送量の軽減

最近はあまり見かけなくなりましたが、一時のアダルトサイトは拾い画像をあつめたまとめサイトのような形式が主流でした。

FC2ブログなどのレンタルサービスでは制限が緩く問題になりにくいのですが、レンタルサーバーを借りている人は1ヶ月の帯域制限があります。転送量無制限と書かれているサーバーであっても本当に無制限ということはありません。

アダルトサイトのアクセスが増えた場合、画像をたくさん埋め込んだ人気記事はサーバーの負荷も大きくなりますし、帯域の消費も激しいです。

CDNを使うとサイトの静的なファイルはエッジサーバー(キャッシュサーバー)にキャッシュされますので、HTMLファイルやCSS、Javascirptや画像、動画ファイルなどの読み込みが高速になります。

高速になるだけでなく、配信がCDNのキャッシュサーバー経由となりレンタルサーバーの帯域は消費しなくなり、サーバー負荷も減少するメリットがあります。

アダルトサイトでCDNを導入すると、サイト運営者、訪問者ともにメリットがあります。

海外サーバーのサイトも日本から高速表示

日本国内のレンタルサーバーは基本アダルトNGです。

アダルトOKのレンタルサーバーは、Cloudlinuxを使ったクラウドベースのレンタルサーバーです。人気があるのは、mixhostとcolorfullboxで、ほとんどのアダルトサイトはどちらかのサーバー使っていると思います。

日本国内と違い、海外のレンタルサーバーはロリータや獣姦など、その国の違法コンテンツに該当しなければアダルトコンテンツの制限は基本ありません。

日本国内で言う通常のアダルトコンテンツの場合は、無修正を含めて制限はありません。海外はそもそも性器をモザイクで隠すという文化がありませんので、有修正と無修正という区別がそもそもありません。

また、海外サーバーの場合、サーバーを借りる時に個人情報を入れる必要も無かったりするので、そこが好まれて使われているのが実情です。

そうなると問題になるのは、サイトの表示速度です。

速さが求められる理由

一般的に、インターネットにアクセスしているユーザーは速さを求めています。それは、さまざまな調査結果からも明らかです。たとえば KissMetrics の調査では、「ページのレスポンスが 1 秒遅れると、コンバージョン数が 7% 減少する」、「47% の消費者は 2 秒以内にウェブページが読み込まれることを期待している」ことが明らかになりました。

したがって、ウェブサイトの読み込みが遅ければ、ユーザーはそのウェブサイトから離れて競合会社のページに移動してしまいます。競合会社のコンテンツの読み込み速度が速ければ、多くのユーザーがそちらに流れるでしょう。

https://support.google.com/analytics/answer/4589209?hl=ja

海外サーバーは、日本との通信距離が離れていますので、日本国内からアクセスすると国内のサーバーを使う時よりも圧倒的にレスポンスは悪くなります。

日本から離れたサーバーの表示速度を早くするには、日本に近いサーバーからデータを配信する必要があります。

Cloudflare CDNのキャッシュ配信サーバーは世界中にあります。

CDNを経由することで、閲覧者から近いキャッシュ配信サーバーからキャッシュが配信されることになり、国内にサーバーがある時と同じようなレスポンスが得られるようになります。
これもアダルトサイトでCloudflare CDNを使うメリットです。

サーバーのIPアドレスを隠すことができる

CDNを使用しない場合、サーバーのIPアドレスは丸見えです。同一サーバーで通常のサイトとアダルトサイトを運用しているとIPアドレスが同じだとサイト運営者が同じであることが疑われます。また、契約しているサーバー会社も分かりますので、色々面倒なことが起きる可能性もあります。

今の時代、どこから情報が洩れるかわかりません。

Cloudflareは匿名性を重視しています。Cloudflare DNSを使うと、IP proxyになっているのでサーバーがすべてCloudflareのIPアドレスになります。IPアドレスからオリジンサーバーを調べることができなくなります。

ただし、Coudflare DNSを使ってもMXレコードだけは生IPになります。独自ドメインのメールのやりとりをするとIPがばれます。

アダルトサイトと通常サイトを1つのサーバーで運営するのであれば、無料でIP Proxyを利用できるCloudflareを利用し、利用しているサーバーを隠すべきです。

まとめ

アダルトサイトでCloudflareを使用するメリットをまとめました。

Cloudflareは導入するのは簡単ですが、きちんとキャッシュされるように設定するのが結構大変です。導入する際にはきちんとキャッシュされているのかどうか確認しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事で分かること